Cartier

photo credit: eflon via photopin cc

前々から書こうと思って書けていなかったのですが「ブランド」ということについてこれまでに経験したことや見聞きしたことを通じて得た自分なりの結論を記します。


まず最初に質問です

この中であなたが「ブランド」だと思うものはどれですか?

  • Louis Vuitton(ルイヴィトン)
  • CHANEL(シャネル)
  • Cartier(カルティエ)
  • UNIQLO(ユニクロ)

何のひねりも無いので思ったままのことを覚えておいてください。これいついてはまた後ほど触れたいと思います。


ブランドとは?

結論から言うと「ブランド」とは「企業や個人の本質を正しく発信し、受け手に理解と期待を獲得した上でそれに応えていくことで築かれるもの」(長っ!)であると考えています。なにやら難しいですね。^_^;

決して初めからあったものではなく、特定の誰かだけのものはなく、誰にでもあるもので、誰でも築くことが出来るものなのです。


例えばの話

手前味噌な話で申し訳ないのですが私自身を例に説明したいと思います。 自分で言うのもなんですけど私は多くの方から「MacとかiPhoneとかIT系に詳しそう、聞いたら答えてくれそう」思って頂いています。実際そういうことで質問されたり相談されたりすることも多くて、これは私が持っているブランドだと思っています。

これは単に私がそういうことに「関心が高い」とか「よく知っている」だけでは出来ません。職場とか友人同士の中でとかblogとかFacebookやTwitterでそういったことに関連した発言や行動をしてきた結果、みなさんが私のことを理解してくださって、期待してくださった。そしてその期待に応えていった(相談に乗ったり、お手伝いしたり)ので、ここに「MacとかiPhoneとかIT系に詳しそう、聞いたら答えてくれそうな若林」のブランドがあると思っています。

もし、自分がファッションについて語ったとしても薄っぺらいことになるだろうし、誰もそこに期待しないでしょう。仮にうまく信じ込ませたとしてもそこに出来るのは誤った期待だし、それに応えて行く事は不可能です。そんな状態になればそこに出来上がるのは単なる「見かけ倒し」という悪いブランドです。


最初の問いに戻ります

最初の問いに対して「Louis Vuitton(ルイヴィトン)」「CHANEL(シャネル)」「Cartier(カルティエ)」については「ブランド」だと思った方が多いでしょう。「UNIQLO(ユニクロ)」については意見が分かれるところだと思います。

これが正解というものは無いと思いますが、先に書いた定義に照らせばこれらは全てが「ブランド」であると言えます。

「ブランド」とは、「高級なものでみんなが憧れるもの」みたいなイメージがついてしまっているので勘違いされがちだと思うのですが、これらの企業は顧客の期待する価値を提供し続け、顧客が期待していることを果たしているから「ブランド」として認知されているのだと思います。


なぜ高級ブランドばかりが「ブランド」と認知されるのか?

おそらく高級ブランドの方がより多くの人に共通認識を持たれやすいからだと考えています。「Louis Vuitton(ルイヴィトン)」「CHANEL(シャネル)」「Cartier(カルティエ)」については多くの人が「欲しい、プレゼントされたら嬉しい」というところで一致することが多いからではないかなと思います。


まとめ

「ブランド」は企業だけじゃなくて個人にも当てはまるので、「ブランド」という視点で自分を見ることは有用だと思います。決して「高級であれ、自分を高く見せろ」と言っているのではありません、「自分の持っているものを正しく伝えて、周囲の方に理解してもらい、その理解に応えて行きましょう」ということです。そのようにすることで、自分自身の「ブランド」が確立するし、それは間違いなく自分の価値として確立するはず。

自分も背伸びせず、偽らず、ありのままの自分を発信することでまずは期待を得られるように頑張って行きたいと思います。 :-)