diary

以前からことあるごとに述べてきたことなのですが、先日ある方と会話した時に同じ意見だったので、改めて書きます。 結論としては、「FacebookやTwitterのようなソーシャルメディアは、記録向きではないので自分の想いや考え方を書くのであれば、blogに書いた方がいい。FacebookやTwitterにはそのリンクを流せばいい」ということです。

「記録向きではない」というのは、「過去の自分の書き込みを読み返すことができない」ということを指しています。「いや、読み返せなくてもいいよ」とおっしゃる方もいらっしゃるかもしれません、それならそれでもいいのです。 でも、たまにとっても良いことを書いていらっしゃる、自分の考えや想いを時間を掛けて書いている方がいらっしゃるのですが、それを一年後の自分が読めるか?というとほぼ無理なのです。

実際に、今FacebookやTwitterの一年前の書き込みを探してみてください。一年前の自分が一体どんなことを書いていたのか。おそらく、容易には見つからないはず。Twitterはまだなんとかなるかもしれませんが、Facebookに至っては絶望的です。 書いた時には、読み返せなくてもいいと思っていたことでも、年月が経って読み返した時に懐かしい気持ちになったり、新たな発見があるものです。

せっかく同じだけの労力をかけて書くのですから、新しい発見ができた方がいいですよね?Facebookに自分の想いや考え方、素敵なメッセージを書いておられる方には、それらをblogに書き、リンクをFacebookやTwitterに置くことで友人・知人に読んでもらう、この流れを実践していただきたいです。あまりにももったいない。

photo credit: Paul Watson via photopin cc