このお正月、Twitterで「お年玉プレゼント係」というアカウントのtweetが大量にRetweetされているのを見かけました。

内容は、おおむねこんな感じです。

【応募方法】 フォロー&リツイート

【当選について】 当選者にはDMでご連絡差し上げます。 ※途中でフォロー解除した場合は当選しません。 —–

この内容に、プレゼント品の説明と画像が付いているというパターンでした。

狙いはフォロワーの獲得

当たり前ですが、懸賞というのはプロモーション(販促)の一環で行われるもので、宣伝・告知のために行う、もしくは商品の販売促進のために行われるもの。当然、提供する企業なりブランドの名前が出てくるはずなのですが、それがありませんので明らかにおかしい。これで賞品を提供するだけだったら、提供者には何のメリットも無いのです。

メリットがあるとすれば、フォロワーが増えることぐらい。つまり、このアカウントの狙いは「フォロワーの獲得」にあるのです。フォロワーが増えれば、そのアカウントを目にする方が増えて告知メディアとしての価値が高まります。

こうして多くのフォロワーを獲得したアカウントの活用方法としては、次の二通りが考えれます。

  • 本来告知したかったことをTweetしてフォロワーに認知させる
  • このアカウントそのものをフォロワーが欲しい人や企業に売る

今回のアカウントは一番目のタイプだったようで、その後アカウント閉鎖したようです。(もしかしたら、Twitterに閉め出しを食らったのかも)。

フォロワーごとアカウントを売ることも

二番目についてはピンと来ないかもしれませんが、ほとんどのWebサービスでは途中でIDを変更できないのですが、TwitterはIDを変更することができるのです。例えば、私のアカウントは@kwaka1208ですが、これを他の企業名に変更して、その企業に売るとフォロワーを売ることができるわけです。

IDを変え、アイコンを変え、プロフィールの説明を変えれば、まったく別のアカウントに化けることができます。

このようにして、知らず知らずのうちに不正な商売の片棒を担がされていることにもなりかねないので、Twitterといえども身元不明な怪しいアカウントのフォローやRTは控えましょう。

悪意のあるアカウントにご注意!

photo credit: i k o via photopin cc