さんま

photo credit: ymorimo via photopin cc

突然ですが、古典落語の「目黒のさんま」をご存知ですか?

外出先で立ち寄った長屋で、「焼きさんま」をご馳走になった殿様が、お城に帰ってからも「さんまを食べたい」と言います。しかし家来達は、「骨がささっては大変」と骨を抜き、「脂は体に悪い」と脂を抜き、カスカスになった「さんま」を食べられるものにするために、「さんまのつみれ汁」にして殿様に出したところ、殿様は「これは私の知っている、さんま、ではない」という噺です。

私は、日本製品が魅力的でなくなったという話を聞くにつけ、この「目黒のさんま」を思い出します。

メーカーのモノづくりにおいて、着想時点では面白いアイデアのものがたくさんあります。決して、アイデア段階からつまらないものばかりではないのです。

しかし、そのアイデアを商品化するプロセスの中で、「利用者が正しく使えないかもしれない」「悪意のある利用者に、悪用されるかもしれない」と「改良」が繰り返された結果、できあがったモノが「魅力的でない」モノになってしまっています。この構造は、「目黒のさんま」そのもの。

一見、この噺の家来達は「殿様の健康を想い」、メーカーは「利用者のことを想い」という意味で共通しているように見えるのですが、実は「家来」と「メーカー」が保身を考えた上での行動、という意味で共通している、と私は考えています。

噺の中の家来達にそのような悪意は感じられませんが、これが実話であったなら、家来の中には自己保身を考える者もいたでしょう。

「焼きさんま」を殿様にお出しして、殿様に何かあれば、例えそれが些細なことでも家来が責任を取ることになります。最悪は切腹です。

メーカーも、利用者の誤用によって事故が起こったり、利用者からクレームを貰うことになれば、何らかの責任を取らなければなります。

もちろん、本当に殿様(利用者)のことを考える家来(メーカー担当者)もいるのですが、少なからず自己保身に走っているケースもあるのです。

また、家来達はできあがった「さんまのつみれ汁」を見て、「美味しそうだ、自分が食べたい」と思ったのでしょうか? おそらく、そんなことはなかったのでしょう。

モノづくりにおいても、同じことが言えると思います。担当者自身が「これを欲しい、自分が使いたい」と思っているかどうかが大切になります。

「自己満足になってはいけない」とも言われますが、「顧客視点という名を借りた自己保身」に走るぐらいなら、少しは「自己満足」があっていいと思うのです。

では、すべては家来とメーカーの責任なのか? そうではありません。殿様も、普段はわがままを言い散らしているに違いありません。そんな殿様を知っているから、家来は萎縮してしまうのです。

利用者とメーカーの間にも、このような関係ができてしまっています。どこで線を引くのか?明確な線引きは難しいでしょう。

しかし、利用者にとっても、メーカーにとっても不幸な結果をもたらしている今の構図を見ると、双方が対話し歩み寄ることが、日本のモノづくりを復活させるために必要な要素のひとつだと、私は考えています。

目黒のさんま @Wikipedia 目黒のさんま 十代目馬生さん @YouTube

#モノづくりの現場から