まったく個人的な話ですが、私の家族がiPhone5への乗換をするつもりで”学割キャンペーン”を待っていたのですが、各社の”学割キャンペーン”が出そろったのでどういう形にするのが一番安く上がるか?を整理してみました。

結論としては、「MNPでキャリア変更して契約するのが一番安い」ということになります。もちろん各々事情があると思うのでMNP出来るかどうかという問題もあります。その辺りについても最後にまとめたいと思います。

※以下の内容はあくまでも2013/1/22時点においての話です。キャンペーンの実施内容はその時々で異なりますので、その点ご了承ください。 ※[2013.1.23訂正]かいかえ割の説明が間違っていました。かいかえ割の機種変更前は、ガラケー以外も対象になります。

最初に

SoftBank/auともに、パケット定額5,985円、テザリングオプション525円なのですが、どちらも2年間の割引が無条件に設定されていて、結局以下の通りとなります。

内容割引額期間適用条件
パケット定額割引525円/月
(5,985円→5,460円)
2年間全員
テザリングオプション無料525円/円/月
(525円→0円)
2年間全員

まぁ実質的にパケット定額料金は5,460円テザリングオプションは無料が定価みたいなものなんですが、キャンペーン扱いにしておいて、いつでも撤回できるようにするってことなんでしょうね。

※テザリングとはiPhone5をWi-Fiルーターみたいにして、パソコンとかゲーム機のようなWi-Fi対応機器からiPhone5経由でインターネット接続できるようにするiPhone5の機能です。これがあれば、家の外でもパソコンからネット接続できたりします。

共通の割引キャンペーン

SoftBank/auともに呼び方が違うけれど、適用条件や金額が同じものがあります。この辺りが基本形になってくると思いますので、これらをまとめて説明します。名称はそれれで異なりますので、以下の通り共通化してみました。

尚、一部細かいところで異なるところもあります.例えば、SoftBankの学割はPhotoVision TVが無料で貰えるとかありますが、あまり重要ではない(むしろ不要だったりする)ので無視しています。

この記事での名称SoftBankau
学生割引[ホワイト学割with家族2013](http://www.softbankmobile.co.jp/ja/news/press/2013/20130121_02/)[学割](http://www.au.kddi.com/jiyu/gakuwari/?bid=we_au_top_pr_0022)
MNP新規契約割引[スマホタダ割](https://mb.softbank.jp/mb/campaign/sp_free/)[ウェルカム割](http://www.au.kddi.com/pr/welcomewari/)
自宅ネット回線とのセット割引[スマホBB割](https://mb.softbank.jp/mb/campaign/sp_bb_set_discount/)[auスマートバリュー](http://www.au.kddi.com/ryokin_waribiki/ryokin/smartvalue/)

学生割引

学生とその家族が同時に契約した場合に基本料金が割引になるものです。割引内容は対象者によって違います。

対象者割引額期間適用条件
学生本人980円/月
(980円→0円)
3年間新規or 機種変更
家族(MNP)980円/月
(980円→0円)
3年間MNPによる新規契約
家族(MNP以外)980円/月
(980円→0円)
1年間新規契約

この割引のポイントは家族です。 家族は新規契約に限られます。しかも家族が3年間の割引が受けられるのはMNPのみなので、今の契約を一旦解約して新規だと3年間ではなく1年間の割引にはなります。

また、基本料金の割引期間は最大3年間ですが、契約は2年ごとの自動更新というややこしい話になります。つまり3年間の割引期間を使い切ってから解約すると契約解除料(9,975円)になります。

そもそも、3年ずっと同じ機種を使い続けるのか?ということも頭に入れておいた方がいいでしょうから、学生割引を利用する場合でも2年後の契約更新時にどうするかをもう一度考えた方がよさそうです。そういう意味では2年間の割引と考えた方がいいかもしれません。

MNP新規契約割引

MNPで新規契約した方の基本料金が2年間割引になります。割引期間を考えれば、契約者の中に学生がいる場合は上の学生割引を使った方がいいでしょう。ただし、学生割引の場合も割引期間を2年間と考えるのであれば実質あまりかわらないですね。

適用条件割引額期間
MNPによる新規契約980円/月
(980円→0円)
2年間

自宅ネット回線とのセット割引

自宅が特定のネット回線契約している方の場合、パケット定額の料金が1回線あたり1,480円割引になります(最大10回線まで)。対象となるプロバイダーについては、SoftBank(スマホBB割)au(auスマートバリュー)のそれぞれのホームページを確認してください。

適用条件割引額期間
自宅が対象のプロバイダーを利用している方1,480円/月
2年間

“自宅ネット回線とのセット割引”については、”学生割引”とか”MNP新規契約割引”と併用して適用することができます。


それぞれのサイトに行くとあれこれ書いてますが、ここまでに書いた内容はSoftBank/auで適用条件、金額が同じものです。


SoftBank独自の割引

この他に条件はかなり限られますがSoftBankが独自に実施しているものがあります。これからもSoftBankを使い続けたい方向けということになります。

<li>### スマホファミリー割 現在使っているiPhone4/4Sを使っている方がiPhone4S/5に機種変更して、今までのiPhone4/4Sを家族が使うと、基本料金が無料(980円-&gt;0円)パケット定額料金が割引(4,410円→2,980円)(いずれも2年間)になる。ただし、家族は新規契約(MNP含む)であることが条件。

つまり、今まで携帯電話を持っていなかった家族が新しく持つなら、機種代金が掛からないのでいいかも。ただし、使い古しのiPhoneをさらに使い続けることになる事に注意!   </li> <li>### かいかえ割 SoftBankのスマートフォン/iPhone以外の携帯電話(iPhone/スマートフォンを含む)を使っている人が、iPhone5へ機種変更した場合に、パケット定額料金を1,050円/月割引(1年間)

今ガラケー使っている人で、SoftBankを使い続けたい人向け。そうでなければMNPした方が得。

</li>
<li>### スマホ下取り割
 現在使っているスマートフォン/iPhoneを下取りに出して、1,000円/月割引。割引月数は下取りした機種によって異なる。<br />

<span class="emphasis">下取り金額が一括で貰えるわけではない点に注意。</span>
</li>

結論

結論は以下の通りとなります。

<li>携帯電話会社が変わってもいいのであれば、MNPで乗り換えた方が得。
	契約者に学生さんがいる場合は"学生割引"、そうでなければ"MNP新規契約割引"です。<br />
	ただし、"学生割引"を利用する場合も割引期間は2年間で考えておいて2年後になったら継続するかどうかを考えましょう。
</li>
<li>自宅ネット回線とのセット割引を併用。これは"学生割引"もしくは"MNP新規契約割引"と併用できるので、利用しない手はありません。
</li>
<li>SoftBankを使い続けたいのなら、条件によって独自の割引を適用<br />
	値段じゃないんだ!SoftBankとともに生きる!という方はこれを検討しましょう。
</li>

MNPする場合の注意点

以上のことから、どちらもMNPでの新規獲得に力を入れていることがわかります。MNPで移って来た方が得する内容が中心です。 「だったらいっそのことMNPで!」という手もありますが、その場合の注意点と対策(らしきもの)をまとめます。

  • ### メールアドレス MNPなので電話番号は変わりませんが、メールアドレスが変わります。ですのでメールアドレスが変わること伝えておいた方がいいでしょう。頻繁にメールをやり取りする方へは予め「これからMNPしてくるから新しいアドレス連絡するね〜」ぐらいのことは言っておいた方がいいでしょう。 この機会に携帯電話会社のメールアドレス(softbank.ne.jp, ezweb.ne.jp, docomo.ne.jp)の利用をやめるというのも一つの手です。iPhoneを使うのならGoogleのGmailのアカウントを一つ持っておくぐらいの方が便利なので、もういっそGmail一本にしちゃうというのもこれから先また乗換することを考えれば有効かも。 Gmailにした場合の問題点は、受け取る側の迷惑メール設定によっては受け取られないことがあることと、絵文字が使えるか?という2点があります。 迷惑メール設定の方は受信許可に入れてもらえればいいだけですが、設定の仕方を知らない方だと苦労するかも。 絵文字の方は、Gmailはかなり対応しているようですが、どこまで保証されているのかは不明です。絵文字を飾り程度に使っているのならいいのですが、文章の一部を絵文字に置き換えてメールを書いてくるような方とやりとりする場合は困りますね。 ということを踏まえて、自分のやり取りする人がこれでも大丈夫だということであれば、Gmail一本化がおすすめです。
  • ### 無料通話 au同士、SoftBank同士なら無料通話になる時間帯があります。家族以外も含めて周囲に同じ携帯電話会社の方が多ければ、これが利用できなくなることに注意しましょう。 対策としては、Skype,LINE等の無料通話アプリの利用があります。Facebookメッセンジャーも近いうちに無料通話に対応するという話もあります。 ただし、これらはいずれもスマートフォンアプリなので相手も同じアプリを使えなければいけません。スマートフォン以外の携帯電話を使っている方とは無理だし、スマートフォンでも同じアプリを使っていないとダメですので、この点に注意しましょう。
  • うちはauに乗り換える可能性が高い…

    うちの場合、奥さんと娘が”Disney mobile on SoftBank”なので、auへの乗換になる可能性が高いです。 というのも、”Disney mobile on SoftBank”から”SofBankのiPhone5”に変えた場合、MNP扱いにならないけれど 契約事務手数料が必要という最悪のパターンにハマるからです。

    今、”Disney mobile on SoftBank”をお使いの方はこの点にも注意しましょう。

    素敵なiPhone Lifeを!!

    以上が現時点でのまとめになります。我が家の乗換検討用にまとめたものですが、みなさんの参考になれば幸いです。 尚、携帯電話の割引プランはややこしいので、条件とか間違ってるかもしれません。お気づきの点があれば是非指摘をお願いします。m()m

    iPhone5

    photo credit: LoKan Sardari via photopin cc