angry

photo credit: danorbit. via photopin cc

この間、「お客様目線」は他人ごとじゃなくて自分ごとでということでちょっと書きましたが、それに関連して日頃思っていることを少し。


上下関係

モンスターペアレントとかモンスターカスタマーとか色々ありますが、これらが共通するのは立場が優位な(と考えられている)方がもう一方に対して理不尽な要求を出すというものなのです。

具体例を挙げると

買い物客     > 店員 量販店のバイヤー > メーカーの営業 タクシーの乗客  > タクシーの運転手 生徒の保護者   > 先生 クライアント   > 制作担当者

制作担当者    > クライアント

(すみません間違ってました^_^;)

みたいな感じでしょうか?これらは、社会通念的にこんな感じじゃないかなぁ〜っていうものであって、僕が決めつけてるわけじゃないです(なんで言い訳?) ※多少の生々しさは見逃してください


絶対的な上下関係なんてない

これらの関係の中で、「メーカーの営業」が「量販店の客」として店に行くこともあるわけで、その時にいつも無理難題を押し付けるお店に行こうと思うのでしょうか?「学校の先生」が乗客で「生徒の保護者」が運転するタクシーに乗ることだってありますよね?

ある一瞬だけの優位性でモノを言うのって違うと思うので、これは気をつけたいなぁと思っています。すんません、独り言みたいな終わり方で… :-P