この記事はDojoCon Japan 2017アドベントカレンダー8日目の記事で、石原さんが書かれたConnecting the Dots - CoderDojo編へのアンサー記事でもあります。頼まれてもいないし、聞かれてもいないけど勝手にアンサー書きます。

今年のDojoCon Japan 2017のテーマは「つながる 〜Dojo to Dojo〜」、昨年のDojoCon Japan 2016以降に増えたCoderDojoをもっと繋げて行こうということを目標にテーマを設定しました。

終わってみて、おそらく実行委員のみんなが思っていた以上の「つながり」ができたと思います、当日もそれ以降も。

DojoCon Japan 2017が終わって石原さんの記事を読んで振り返ってみて、DojoCon Japanだけに限らず、自分も多少は点をつなぐ役割を担ってこれたんじゃないかなと思いました。

そして今回のDojoCon Japanを終えてみてあらためて感じたのは、点をつないでいく上で一番大切なのは自分が点として存在しつづけることなんだということでした。

自分も実行委員のひとりではありましたが、実行委員の仕事に時間を割くことができず、一度は実行委員を降りようかとも思いました。実行委員長にもそのことは伝え踏みとどまり、その後も何度も考えたものの図々しくも最後まで残らせていただきました。終わってみて残ってよかったと思ったし、本当に実行委員のみんなには感謝しています。

点が存在しつづけるからこそ、それらはつながっていくし、広がって行く。今回、そのことを痛感しました。 だから、これからも点として存在しつづけようと思います、それが未来への点をつないでいくことなのだと信じて。

“You can’t connect the dots looking forward; you can only connect them looking backwards. So you have to trust that the dots will somehow connect in your future.” Steve Jobs

So, I’ll be a dot.