New Year Card

photo credit: matsuyuki via photopin cc

パソコンの購入目的の一つとして、葉書、特に年賀状の印刷という方が多いかと思います。私も以前は専用の年賀状ソフトウェアを使って宛名の印刷を行っていました。

しかし、専用ソフトを使っているとOSのバージョンアップに伴ってソフトのバージョンアップも必要になり、年に1回しか使わないソフトをバージョンアップすることに対する不満と、iPhoneを使うようになってからはMacの標準のアドレス帳で全ての連絡先を管理するようになったので、年賀状ソフトで専用ではなく、標準のアドレス帳から宛名印刷だけをするソフトウェアを利用するようになりました。

以前は、”葉書AB(無料)“というソフトが使えたのですが、残念なことに最近はバージョンアップが止まっていて最新のOSでは正しく動作しないようです。


そこで同じようなソフトを探したところ、Mac App Storeから購入できる宛名はがき(Mac App Store)というソフトがありました。こちらは無料ではありませんが専用ソフトに比べれば全然安いです。

年賀状専用ソフトとの違いは、

  • 履歴管理機能が無いので、過去に誰にだしたかは別途管理する必要がある
    →人数が多いとちょっと大変かもしれませんが、年賀状ソフトでなければ出来ないことはありません。
    • フォントがついていないので、文字はMacの標準で入っているフォントを使うか、欲しいフォントを入手(有償、無償を問わず)してインストールする必要がある。
      →こだわらなければMac標準のフォントでも綺麗なものはあります。毛筆体のものもフリーで使えるものもありますので、フリーのものを使うのもいいでしょう。フォントふぉんとFONT.com
  • 裏面の印刷機能は無いので、裏面については別ソフトか手書きにする
    →Pagesのようなワープロソフトを使うことで解決することも可能です。ワープロソフトについては無料のOfficeソフトを使うという手もあります。

宛名を手書きしなくて良ければそれいいという方には十分だと思いますので、一つのやり方として検討してみてはいかがでしょうか。